Skip to content

プレスリリース

業界初(※1)、エージェントレスでサーバの不正変更を検知する
「Trend Micro Deep Security™ 8.0」を発売

~公開サーバのセキュリティを強化し、サイバー攻撃から守る~

2011年11月7日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security 8.0(以下、TMDS)」を2011年12月19日より受注開始します。新バージョンでは、ヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用することで、業界で初めてエージェントレスの不正変更検知を実現しました。本ソリューションによる今後一年間の販売目標は5億円 です。

※1 ヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用したエージェントレスの不正変更検知を業界で初めて実装。

昨今、企業や団体へのサイバー攻撃が多発する中、Webサーバ等の公開サーバは外部からの不正アクセスに脅かされています。システム管理者 は、脆弱性対策の必要性を認識している一方で、修正プログラムを適用する前の検証など、修正プログラムを適用するまでの空白期間を課題としています。 TMDSは、OSやアプリケーションの脆弱性に対する修正プログラムを適用するまでの期間において、仮想パッチにより対象のシステムに変更を加えずに暫時 的に攻撃から保護し、万が一不正アクセスされた場合でも、サーバ上のファイルやレジストリなどの変更を検知します。
TMDSは、物理/仮想環境を問わずインストール可能なエージェントと、複数の仮想マシンへ一元的にセキュリティ対策が可能なバーチャルアプライアンスで構成され、ユーザ環境にあわせて導入できます。

新バージョンでは、バーチャルアプライアンスにヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」を利用した業界初のエージェントレスでの不正変更検知を実装しました。クラウド事業者とユーザ企業など仮想インフラの運用者と仮想サー バの利用者が異なる環境において、全ての仮想サーバにエージェントを導入しない場合でも、バーチャルアプライアンスによりサーバ上の不正変更を検知しセ キュリティを確保できます。

さらに、トレンドマイクロ独自のクラウド技術「Trend Micro Smart Protection Network」を利用した機能を新たに搭載し、総合的な防御力を強化しました。Deep Securityエージェントに搭載されている脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティログ監視に加えてウイル ス対策や不正なWebサイトへのアクセスを防止するWebレピュテーションを追加しています。

Figure-pr1107-img-01-2-20130821

図1:Trend Micro Deep Security 8.0の新機能、強化機能

なお、バーチャルアプライアンスによるエージェントレスのウイルス対策や不正変更検知の利用にはヴイエムウェアのAPI「VMware vShield Endpoint」が必要です。これまで、これらの機能を利用するお客さまは対象のライセンスをTMDSとは別にヴイエムウェアより購入していましたが、 トレンドマイクロとヴイエムウェアの協業拡大により、2011年12月からTMDSと「VMware vShield Endpoint」をトレンドマイクロから一括して購入できます。トレンドマイクロにて両製品についてのお問い合わせを受け付け、購入後もサポートいたし ます。

「Trend Micro Deep Security 8.0(トレンドマイクロ ディープセキュリティ)」の概要

「Trend Micro Deep Security」は、サーバのセキュリティに求められる多様な機能(脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更監視、セキュリティ ログ監視、ウイルス対策)(※2)を実装し、エージェントとバーチャルアプライアンスで、物理サーバはもちろん、仮想サーバ、クラウド環境にも適切なセキュリ ティ対策を施す総合サーバセキュリティソリューションです。
※2 製品ラインナップにより、利用できる機能が異なります

■受注開始日: 2011年12月19日(月)

■参考標準価格(※3):

Figure-pr1107-img-02-1-20130821

※ 3 上記参考標準価格は、1年間のスタンダードサポートサービス料金を含めた1ライセンスあたりの使用許諾料金です。 2年目以降も、製品のバージョンアップやパターンファイルのダウンロード等のサポートサービス継続をご希望の場合は、1年毎に契約の更新が必要です。契約 更新料は、更新発注時に提示されている標準価格の30%となります。
※4 Deep Security エージェントの新規契約時の最低購入ライセンス数は5ライセンスです。

■製品詳細ページ:本製品の詳細は下記Webサイトにてご確認いただけます。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/tmds/index.html

■本製品はVMWareが主催するイベント「vForum 2011」で展示します。
● vForum 2011  http://vforum.jp/

※本リリースに掲載されている内容は、2011年11月7日現在の情報をもとに作成されたものです。
今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
※ TRENDMICRO、Trend Micro Deep Security、Trend Micro Deep Security PCI DSSおよびTrend Micro Deep Security Virtual Patchは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。