Skip to content

プレスリリース

KDDIのauショップ接客用タブレットや法人営業のプレゼン用端末に
「Trend Micro Mobile Security™」が採用

~業務用Android™端末15,000台に導入~

2012年12月5日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO:エバ・チェン、以下、トレンドマイクロ)は、KDDI株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田中 孝司、以下、KDDI)が業務に利用するスマートフォン、タブレット型のAndroid端末のセキュリティ対策にモバイルデバイス向けセキュリティ対策ソフトウェア「Trend Micro Mobile Security」(以下、TMMS)が採用され、15,000台に導入されたことを発表します。

KDDIにおける「Trend Micro Mobile Security」導入の概要

移動体通信(au携帯電話)事業と固定通信(ブロードバンド・インターネット/電話)事業を展開するKDDIでは、従業員が利用するスマートフォン5,000台、個人のお客さま向けに端末を販売するauショップで利用するタブレット端末5,000台、法人のお客さま向けにプレゼンテーションなどを行うタブレット端末5,000台、計15,000台に当社のセキュリティ対策を導入しました。

KDDIでは、業務効率化、生産性向上を目的に従業員約11,000人が利用する携帯電話を2012年2月よりスマートフォンへ順次置き換えを進め、2012年9月時点で5,000台がAndroidのスマートフォンに移行されました。全従業員の約半数がスマートフォンで社外からイントラへアクセスし、アドレス帳やスケジュールを管理しています。スマートフォンのセキュリティ対策にはTMMSが採用され、不正アプリの検索や不正なWebサイトへのアクセスを防止するとともに、OSやパターンファイルのバージョンなど各端末のセキュリティ対策状況を一元管理しています。今後KDDIでは、全社員の携帯電話がスマートフォンへ移行される予定です。

■Trend Micro Mobile Securityについて
TMMSはスマートフォン、タブレット端末などのモバイルデバイス向けに、紛失/盗難時の端末上のデータ消去、位置情報(GPS)による端末の検索、カメラやBluetoothの使用制限などのデバイス管理と、不正アプリの検索や不正なWebサイトへのアクセスを防止するセキュリティ対策の双方を提供する企業向けのセキュリティソフトウェアです。デバイス管理とセキュリティ対策の双方を提供するTrend Micro Mobile Security アドバンスとセキュリティ対策のみを提供するTrend Micro Mobile Security スタンダードの2ラインナップを提供しています。
本製品の詳細は下記Webサイトにてご確認いただけます。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/tmms/index.html

■変更履歴
2012年12月12日事例ページへのリンクを削除致しました。

※TRENDMICRO、およびTrend Micro MobileSecurityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
AndroidはGoogle Incの商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。