Skip to content

プレスリリース

NTTネオメイト、6,000台の仮想デスクトップ向けセキュリティ対策に総合サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security™」を採用

~エージェントレスのサーバセキュリティ製品で、システム過負荷の問題を解決~

2013年6月13日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、以下、トレンドマイクロ)は、西日本エリアの情報通信インフラの構築から運用・保守、さらにはネットワークから情報基盤を活用したアプリケーション・クラウドサービスを提供する株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:戸谷 典嗣、以下、NTTネオメイト)が、仮想デスクトップ(VDI)向けセキュリティ対策に「Trend Micro Deep Security (以下、Deep Security)」を採用したことを発表いたします。

NTTネオメイトでは、これまで自社内でVDIを構築・運用し、一部の業務用端末を仮想化して利用してきました。セキュリティ対策としては、エージェント型のウイルス対策製品を導入していましたが、複数のVDIに対し同時にウイルス検索を実行した際のシステムへの過負荷発生の懸念から、システム全体のウイルス検索実行が困難、またウイルスパターンファイル配信のスケジュール管理の煩雑化という問題が発生していました。これらの問題解決のため、社内に新たなDaaS(Desktop as a Service)環境の導入・運用が決定されました。
NTTネオメイトで検証した結果、運用時の安定したパフォーマンスと、システム負荷削減を実現するソリューションとして、VMware® Horizon View™によるVDIと、エージェントレス型のDeep Securityによるセキュリティ対策導入を決定し、2013年4月より約6,000台分のVDI向けにDeep Securityを利用開始しました。これにより、システム全体のウイルス検索実行やウイルスパターンファイル配信のスケジュールの簡素化が可能となりました。また、DaaS環境構築にあたり、導入までの情報提供や検証環境構築の支援など、トレンドマイクロの技術サポートが高く評価されました。

■Trend Micro Deep Securityについて
Trend Micro Deep Securityは、物理・仮想・クラウドのそれぞれの環境におけるセキュリティ課題を解決する、総合サーバセキュリティソリューションです。エージェント型(ホスト型)と、エージェントレスの仮想アプライアンス型のラインナップがあり、物理・仮想・クラウドそれぞれの環境に最適化したセキュリティ対策を実現します。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/tmds/index.html

■株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイトについて
NTTネオメイトでは、大規模な仮想デスクトップ導入・サービス運営と仮想化技術有資格者の育成により蓄積されたノウハウを活用し、今後、一般向けに「AQStage 仮想デスクトップサービス」を提供する予定です。また従業員のワークスタイル改革など、最新技術を活用した新しい取り組みを推進します。
http://www.ntt-neo.com/

※TRENDMICRO、およびTrend Micro Deep Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。