Skip to content

社外団体との連携・技術協力

トレンドマイクロは、セキュリティ向上に取り組む団体・組織を支援し、あるいは参画し、技術協力等を行うことによって、全ての人々がインターネットを安全に利用できる社会の実現に貢献しています。

日本の法執行機関との連携強化

トレンドマイクロは、サイバー犯罪撲滅に向け、警察へサイバー犯罪の捜査協力を強化します。当社の上級サイバークライムアナリストが、愛知県および福岡県警察のサイバー犯罪・サイバー攻撃対策アドバイザーの委嘱を受けています。(2015年9月現在)

詳しくはプレスリリース「サイバー犯罪撲滅に向け、法執行機関への捜査協力を強化」をご覧ください。

国際組織との連携によるサイバー犯罪対策

最新の脅威情報の提供、犯罪捜査に必要なトレーニングの支援により
国境を越えたサイバー犯罪の撲滅へ

サイバー犯罪対策のための国際的な協調関係に調印

トレンドマイクロがインターポール(International Criminal Police Organization : ICPO)との3年間の協力関係に調印しました。

この官民連携の取り組みは、グローバルレベルでのサイバー犯罪への対応能力向上を目的としています。トレンドマイクロはセキュリティベンダーとして国際組織と民間企業間の懸け橋となり、国境を越えてサイバー犯罪の減少、撲滅を目指していきます。

詳しくはプレスリリース「トレンドマイクロとインターポール、国境なきサイバー犯罪の撲滅に向けて協業」をご覧ください。

国内及び海外における法執行機関との連携の実績例

北海道警察本部の「サイバー攻撃対策アドバイザー」に就任
トレンドマイクロは北海道警察本部より「サイバー攻撃対策アドバイザー」を受嘱し、2016年11月16日に行われたサイバー攻撃対策アドバイザー委嘱式にて、北海道警察本部より委嘱状を交付されました。
サイバー攻撃の捜査や対策、捜査員のサイバー攻撃への対処能力向上等の支援を行います。(2016年11月発表)

ネットバンキング被害の拡大防止に役立つ情報を提供し感謝状を授与
トレンドマイクロは警視庁から感謝状を受け取りました。この感謝状は、インターネットバンキングの不正送金事案に関し、被害の拡大防止に役立つ効果的な情報を提供したことが評価されたものです。(2014年4月発表)

FBI「ネットバンク利用者攻撃ツール作者が罪を認める-トレンドマイクロがFBIに捜査協力」
トレンドマイクロは本件において長年培ったセキュリティインテリジェンスを活用し、米連邦捜査局(FBI)に長期間に渡り捜査協力した他、犯人特定に役立つ「通称」や利用したアカウント情報などを提供しました。(2014年1月発表)

スペイン警察「警察を装ったランサムウェアの主犯格を逮捕」
ト レンドマイクロは、2012年年間を通して、主にスペインを含む複数の欧州諸国の警察当局と緊密に連携、調査協力していました。スペインの警察当 局は、当社提供の情報を捜査に活用した結果として、「REVETON」として知られるラン サムウェアを作成するサイバー犯罪グループの主犯格1人を逮捕したことを記者会見で発表しました。(2013年2月発表)

産官学連携の被害防止対策に協力
トレンドマイクロは2012年に京都府警から感謝状を授与しています。アダルト動画サイトにかかわるワンクリック詐欺事件において、当社は不正プロ グラムの解析や動作確認に協力しました。また、捜査と連動した防犯施策に参画しセキュリティベンダとして情報を提供するなど、産官学連携の被害防止対策に 積極的に協力したことが評価されました。(2011年12月発表)

FBI、エストニア警察「明らかになった巨大ボットネットの正体 - 史上最大規模のサイバー犯罪を摘発」
当 社は「Rove Digital」という組織 が大規模なサイバー犯罪に加担しており、巨大な「DNS改変型ボットネット」に直接関与していた事件について、重要な証拠をエストニア警察に提供しまし た。FBI、エストニア警察、トレンドマイクロ、その他業界関係者の連携によって、危険かつ巨大なボットネットの閉鎖が実現されたといえる事例です。 (2011年11月発表)