Skip to content

企業理念

Our Vision

Our Vision  A world safe for exchanging digital information. デジタルインフォメーションを安全に交換できる世界

 

 

 

安全という安心を、すべての人へ。

インターネットのある生活は、いまや当たり前となりました。
しかし、インターネットを安心して使える社会は、決して当たり前とは言えません。
情報社会の脅威から個人・企業を守る高い技術と豊富な実績をもつトレンドマイクロ。
私たちは、あらゆる力を集約して脅威に立ち向かい、安全にデジタルインフォメーションを交換できる世界の実現を目指します。

 

Our Mission

Our Mission  Innovate to provide the best content securitythat fits into the IT infrastructure.絶え間ない革新により、ITインフラの変化に対応した最適なコンテンツセキュリティソリューションを提供する

 

 

 

ITインフラや脅威の変化に迅速に対応します。

次々に登場する新しいIT環境には、常に脅威やリスクが伴うものです。
これらの脅威から、お客さまのデジタルライフや企業活動、そして社会を守る。それが、トレンドマイクロの使命です。スレット ディフェンス エキスパートとして、最適なソリューションを提供します。

 

私たちの「コアバリュー」 3CiT

私たちのバリュー3CiTは、社員の日常業務の基盤となっており、トレンドマイクロ社員の考え方や行動、社外の人々との交流にいたるまで浸透しています。社員一人一人のバリューが会社全体の文化をつくる基となっているのです。

私たちの「コアバリュー」 3CiT

 

 

 

 

 

私たちのバリュー3CiTは、行動に移されてこそ価値があります。
私たちは、この3CiTを表現する5つの行動表現様式を定め実行しています。

CORE VALUE Spirits
トレンドマイクロ社員として トレンドマイクロとして
CUSTOMER
(顧客)
Passionate to serve
(情熱を持って行動する)
Customers' true benefits is our belief
(顧客の真の利益こそ、私達の信念である)
CHANGE
(チェンジ)
See change as an opportunity
(チェンジをチャンスと捉える)
Be the change leader
(チェンジのリーダーとなる)
COLLABORATION
(コラボレーション)
Collective intelligence is the only way to see the whole picture
(コラボレーションから生まれる知性こそ、全体像を見る唯一の手段である)
Be eco system friendly
(エコシステムの構築)
INNOVATION
(イノベーション)
Dare to fail
(失敗を恐れない)
Create new values for society
(社会にとって新しい価値を創造する)
TRUSTWORTHINESS
(信頼性)
No ego, be authentic
(ノーエゴ、あるがままの自分である)
Be sincere and be consistent
(誠実で首尾一貫している)

CUSTOMER (顧客)

  1. 顧客に耳を傾け、推測をせずに苦情も受け入れる。
  2. 真のニーズや根本原因を追究するために質問をする。
  3. 顧客の真のニーズを念頭に決断をする。
  4. 顧客の問題を解決するために主導権を握り、常に進捗状況を共有する。
  5. 顧客の次なるニーズを予測することができる。
  6. ソリューションを提供するために十分な専門知識を有する。
  7. 継続的に、顧客満足度を高めることに最善を尽くす。

CHANGE (チェンジ)

  1. 積極的に変化を受け入れ、着手する。
  2. 根本的な前提や現状にチャレンジすることを恐れない。
  3. オープンマインドで他者からのフィードバックを素直に受け入れる。
  4. 素早く、そして熱心に学ぶ。
  5. 変化の必要性に対して敏感である。
  6. 未知で不明瞭な状況であっても前向きに対応する。
  7. 計算済みのリスクであれば、リスクを恐れずに行動する。

COLLABORATION (コラボレーション)

  1. 自己の限界を認め、個の力より集団で発揮できる力の方が大きいという事実を受け入れる。
  2. 会社全体の利益のために木だけではなく森を見るというシステム思考を用いる。
  3. コンフリクト(対立)を正面から受止め、対処する。
  4. 進んで他者から学ぶ。
  5. 異文化や職務の違いにも配慮し、オープンにコミュニケーションをとる。
  6. 地位的な権力を振りかざすのではなく、影響を与える。
  7. 自ら進んでアイデアを探し求め、情報を共有する。

INNOVATION (イノベーション)

  1. 失敗を恐れず、過ちから学ぶ。
  2. 既存概念にとらわれずに物事を考える。
  3. 視点を高く持ち、全ての可能性やチャンス、選択肢を探求する。
  4. 物事を新しいやり方で挑戦することに情熱を燃やせる。
  5. より良いソリューションのために一層努力する。
  6. 新しい市場を開拓するために、異なる考え方やスキル、専門的技術を受け入れることができる。
  7. イノベーション(革新)は不完全から生まれるということを理解する。

TRUSTWORTHINESS (信頼性)

  1. 自分自身であれ、自分の最良の部分を発揮せよ
  2. 一貫性のある自己内省を通じて自分自身を向上させる。
  3. 自己の能力を知り、いかなるコミットメントをする前にも正しく現在の状況を評価する。
  4. 結果に対して常に自分で責任を取り、決して他者に責任を押し付けない。
  5. 率直に過ちを認め、二度と同じ過ちを繰り返さない。
  6. コミットしたことを確実に行い、意味する事を語る。
  7. やるべき事、やってはいけない事を踏まえた上で、倫理にしたがって働く。