Skip to content

トレンドマイクロの強み

セキュリティ製品では難しい防御力と軽快さを両立し、高い総合評価を獲得

防御力の比較テスト結果 トレンドマイクロ社99.8% A社99.8% B社 98.5% C社99.3% D社6902% パフォーマンスの比較テスト結果 トレンドマイクロ社 5.4 A社4.6 B社3.9 C社4.8 D社4.3

独立系第三者評価機関として著名なAV-TESTの評価において、2016年上半期、防御力、パフォーマンス、ユーザビリティの3項目で高い成績をおさめました。

トレンドマイクロ製品は高い防御力を有するだけではありません。
セキュリティ製品では難しいとされている、軽快さも両立できていることが第三者機関の評価によって証明されています。

※ 出典:AV-TEST
※ テスト対象製品:ウイルスバスター コーポレートエディション
※ 記載の内容は、2016年11月時点の情報をもとに作成したものです。

高い防御力とパフォーマンスを実現するTrend Micro Smart Protection Network

クラウド型の技術基盤であるTrend Micro Smart Protection Networkにより、当社製品は新たな脅威へ迅速に対応できます。

インターネットを介して世界中から膨大な量の脅威に関するデータを日々収集。
集められた脅威情報は様々な要素で分析。脅威間の相関も分析することで様々な視点から多層で防御することが可能となっています。

クラウドの特性を活かしてネットワークやシステムへの負荷を低減、なおかつ最新の脅威に対して迅速に対応することを可能にしているのがTrend Micro Smart Protection Networkです。

詳しくはこちら

次々と発生する新たな脅威にも迅速に対応

Trend Micro Smart Protection Network 新しい脅威への平均対応時間

トレンドマイクロのWebレピュテーションサービスでは平均14.4分

このテストでは、Webを経由した新たな脅威に対して、どれほどの時間で保護が可能かについて第三者機関がテストを行いました。その結果によると、当社のソリューション提供が迅速であることが示されています。

※ 出典: NSS LABS Consumer EPP Comparative Analysis - Socially Engineered Malware


セキュリティのエキスパートが揃う研究・開発体制

日本地域特有の脅威解析・研究所をはじめとした組織のほか業界の中でも特に優れた能力を有するエキスパートによって当社ソリューションは支えられています。フィリピンにあるTrendLabsでは、採用率1%(※)の厳正な審査・試験を通過したセキュリティのエキスパートが解析エンジニアの役割を担っています。

※ 一部のエンジニアに関する当社採用基準による。

何かあった時に頼れる安心のサポート体制

対応時間24時間365日(※1)緊急時の一次回答目安時間1時間(※2)

当社プレミアムサポート(有償)は夜間休日のインシデント発生時の対応は24時間365日。重要なお問い合わせに対しては1時間以内に一次回答を提供する目標回答時間を設定しています。

※1 お問い合わせの緊急度に応じて、弊社営業時間内での対応とさせていただく場合がございます。
※2 プレミアムサポートDiamondおよびGoldの場合。Silverは目標時間:2時間以内

脅威動向を敏感に察知し、迅速な情報発信を実施

最新の脅威動向をいち早くお客様へお届け

トレンドマイクロセキュリティブログ画面 インターネットセキュリティナレッジ画面

四半期ごとの脅威動向に加え、セキュリティブログでは日々発生するインシデントに関する知見や必要な対策について迅速に情報発信。ITやセキュリティの初心者でもわかりやすい記事など幅広い層のお客様のニーズにもお応えしています。

 

国内外の警察機関とのサイバー犯罪 撲滅に向けた活動実績

インターポールを通じて加盟各国の重要機関にセキュリティ技術のスキル向上トレーニングを提供しています。また、各国の警察機関との連携も行い、サイバー犯罪撲滅に向けて活動を進めています。

 

幅広いユーザ環境に最適で運用・管理のし易いソリューションの提供

クラウド・仮想化環境の主要ベンダーとの強力な連携

ロゴ amazon web services Microsoft Azure vmwareトレンドマイクロは、Amazon Web Service、Microsoft Azure、VMwareなどのクラウド・仮想化環境におけるリーダー企業と強力に連携しており、お客様それぞれの固有の環境に最適なソリューション提供が可能です。

 

ユーザーベースの集中管理と可視化で運用・管理を効率化

Trend Micro Control Manager管理画面トレンドマイクロ製品(※)の統合管理ツール利用により多様な端末の利用状況をユーザごとに把握できます。また、複数製品を1つのコンソールで一元管理することで、パターンファイルや各種設定を一斉配信できるため、インシデント発生時の素早い対応や端末の統制が可能です。

※ 対象製品など詳細はこちらをご確認ください

国内外ともにシェアNo.1の豊富な導入実績

サーバセキュリティの分野で世界シェア1位を6年連続獲得しています。 さらに、企業向け製品国内市場でもサーバ/クライアント、ゲートウェイ 市場でシェアNo.1を獲得しています。

企業向けサーバセキュリティ市場 6年連続世界No.1(※1)

トレンドマイクロは サーバセキュリティ市場 において世界トップシェアを誇る リーディングカンパニーです。

トレンドマイクロ30.3% A社20.2% B社12.4% C社7.6% D社6.8% その他22.7%

● 企業向け サーバセキュリティ 世界売上額 シェア2014年 

企業向け製品国内市場シェアNo.1(※2)

(株)富士キメラ総研の調査で企業のサーバ/クライアント向けウイルス対策ツール、ゲートウェイにおけるウイルス対策ツールで最も高いシェアを占めています。

サーバ/クライアント トレンドマイクロ47.2% A社25.6% B社14.2% C社10.4% その他2.6% ゲートウェイ トレンドマイクロ55.0% A社22.3% B社 16.3% その他6.4%

コンシューマ向け製品国内市場シェア 8年以上連続No.1(※3)

ウイルスバスターなどのコンシューマ向け製品においてトレンドマイクロはお客様に長年信頼され続けている国内No.1のセキュリティベンダーです。

トレンドマイクロ44.9% A社21.4% B社12.4% C社14.2% その他14.4%

※1 出典:IDC, “Worldwide Endpoint Security Market Shares, 2014: Success of Midsize Vendors”, IDC #US40546915, December 2015
※2 出典:(株)富士キメラ総研「2015 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(上巻)」 2014年度金額ベース
※3 出典: IDC Japan, Japan Semiannual Security Software Tracker 2016 H1 2008年~2016年上期連続No.1