Skip to content

沿革

トレンドマイクロは2016年8月で創業28周年を迎えました。
創業以来、当社は以下のように様々なイノベーションを起こしてまいりました。

      

1988年 8月 米国ロサンゼルスにて創業
1989年 10月 トレンドマイクロ株式会社(当時は株式会社ロンローインターナショナルネットワークス)設立
1991年 4月 「ウイルスバスター」を開発・販売
1996年 3月 大阪営業所開設
10月 インターネットサーバウイルス対策製品「InterScan VirusWall」を開発・販売
1997年 12月 福岡営業所開設
1998年 6月 名古屋営業所開設
8月 店頭登録銘柄として株式公開
2000年 8月 東京証券取引所 市場第一部に上場
2002年 9月 日経平均株価(日経225)の構成銘柄に選定
2003年 1月 集中管理ツール「Trend Micro Control Manager」発売
2004年 6月 シスコシステムズ株式会社と、ネットワークウイルスの防御ソリューションに関する包括契約を締結
11月 ネットワークウイルス対策機器(Trend Micro Network Virus Wallファミリ)発売
2005年 5月 InterMute社(米国)を買収
6月 Kelkea社(米国)を買収
プライバシーマーク認定取得
9月 Network Reputation Service提供開始
2007年 6月 Web Reputation Serviceを含んだWeb Security Serviceを提供開始
11月 Provilla社(米国)を買収
2008年 2月 Identum社(英国)を買収
4月 「Trend Micro LeakProof」発売(現 Trend Micro Data Loss Prevention)
6月 「Trend Micro Mobile Security」発売
8月 クラウド時代の新しいセキュリティアーキテクチャ「Trend Micro Smart Protection Network(TM)」を発表
2009年 4月 Third Brigade社(カナダ)を買収
2010年 2月 「世界で最も持続可能な100社」(Global 100 Most Sustainable Corporations in the World)に選出
3月 「Trend Micro Deep Security」発売
6月 humyo社(英国)を買収
12月 「トレンドマイクロ オンラインストレージ SafeSync」発売
2011年 2月 Mobile Armor社(米国)を買収
6月 「Trend Micro Vulnerability Management Services」発売
7月 「Trend Micro SecureCloud」発売
8月 「ウイルスバスター モバイル for Android」発売
12月 トレンドラボ・フィリピンがISO20000取得
2012年 4月 標的型攻撃を可視化する「Deep Discovery™」を発売
6月 モバイル端末の企業内への導入を支援する「Trend Micro Mobile Security™ 8.0」を発売
「Trend Micro SSL™」SSL証明書ビジネスへ新規参入
11月 制御システム向けセキュリティ「Trend Micro Safe Lock™ 」を発売
2013年 2月 企業向けクラウド型セキュリティサービスブランド「Trend Micro Security as a Service™」を立ち上げ
6月 国際警察組織インターポールと協力関係を構築
標的型攻撃の脅威を収集、解析、防御する仮想解析型アプライアンス「Deep Discovery Advisor™」を発表
11月 Broadweb社(台湾)を買収
2014年 12月 「Trend Micro OKAERI™」を発表
2015年 3月 「ウイルスバスター コーポレートエディション 11」がPSQ認証を取得
2016年 3月 次世代侵入防止システムとZero Day Initiativeを含むTippingPointを買収
11月 AI(人工知能)技術を搭載した 「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」発売